1966 昭和41年11月
当組合の母体である社団法人北海道農地開発改良協会(平成元年、社団法人北海道農業建設協会に名称変更)の設立。

1967 昭和42年9月
社団法人北海道農地開発改良協会において技術及び経営等の向上発展のため、技術部会・経営部会・労務部会の3部会が発足。

1968 昭和43年9月
上記3部会の内「技術部会」のレベルアップを図り広域的な技術部会とするため、中小企業等組合法による協同組合として「北海道農業土木技術指導協同組合」を設立。
中央区南4条西9丁目観光ビル内に事務所を置く。

1973 昭和48年4月
中央区北6条西6丁目道通ビル内に事務所を移転。

1978 昭和53年2月
財団法人 日本補償コンサルタント協会入会。用地部門及び補償評価部門の充実を図る。

1980 昭和55年11月
中央区北5条西6丁目道通ビル内に事務所を取得移転。

1982 昭和57年5月
農道舗装研究室を設置。
舗装技術の向上と組合員への研修会の実施及び情報提供の充実を図る。

2000 平成12年6月
建設コンサルタント(農業土木部門)登録。

2002 平成14年5月
ISO9001 品質マネジメントシステム認証登録 (JSA Q1441)。

2003 平成15年4月
株式会社 北海道農業建設コンサルタントへ組織変更。






名   称 株式会社 北海道農業建設コンサルタント

所 在 地  札幌市中央区北5条西6丁目1番地23 道通ビル8階
TEL 011-231-8833 / FAX 011-231-4084


大きな地図で見る

設立年月日 昭和43年9月16日

登 録 資 格

測量法に基づく測量業登録 第(11)-5688号
補償コンサルタント登録    補25第4号

(土地調査部門)
建設コンサルタント登録   建27第6898号
(農業土木部門)

役 職 員 数 29名 (うち技術専門スタッフ21名)

有 資 格 者 
技術士 (農業土木) 4名
      (農村地域計画) 2名
      (農村環境) 1名
      (地域農業開発計画) 1名
      (総合技術監理) 2名
技術士補(農業) 1名
      (建設) 1名
RCCM(農業土木) 3名
     (道 路) 1名
     (造 園) 1名
     (上水道及び工業用水道) 1名
     (施工計画、施工設備、積算) 1名
1級土木施工管理技士 11名
1級造園施工管理技士 1名
2級管工事施工管理技士 1名
測量士 10名
測量士補 5名
農業土木技術管理士 4名
畑地かんがい技士 2名
土地改良補償業務管理者 1名
地理空間情報専門技術者 1名
コンクリート診断士 2名
農業水利施設機能総合診断士 1名
土地改良専門技術者(地域農業開発計画) 2名
VE(バリューエンジニア)リーダー 1名
SXF技術者 1名
第一種衛生管理者 1名

ロゴマーク 

 太陽光エネルギーを原動力に水や大気が循環し、その恵みを得て、広大なhokkaido(北海道)の大地でいのち生命をはぐくむ農業農村をイメージ。
 水・土・人の複合系としての農業農村では、多種多様な物質循環を介した共生関係が保持され、食料生産を支えています。
 (株)北海道農業建設コンサルタントは、いのち生命をはぐくみ、水・土・人が循環・共生する農業農村の創造につくします。
(株)北海道農業建設コンサルタント